水虫の感染とその対策まとめ

水虫って案外簡単に感染してしまうことが多いのを知っていましたか?公共のプールや温泉など、水虫の原因である白癬菌が好む場所はたくさんあります。しかし対応策はしっかりあるので、こちらで水虫の特徴と対策を勉強しましょう!

水虫が移りやすい公共の場所と感染を防ぐ方法

足の裏や指の間に痒みなどの症状が現れたら、水虫になっているかもしれません。
水虫はカビの仲間、白癬菌に感染する事で発症します。
1度、白癬菌が皮膚の角質層にまで感染してしまうと、自然と治る事はありません。
不特定多数の人が利用する公共の場所には、白癬菌が繁殖している所もあるので注意しましょう。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、高温多湿を好みます。
ですので、温泉やサウナは白癬菌に感染しやすい場所です。
温泉やサウナといった場所は、多くの方が裸足で利用しますし、何より高温多湿なので白癬菌が繁殖している事が多いのです。
特にバスマットは、ほぼ100%の確率で白癬菌が繁殖しているというデータもあります。
また、観光地で多く見られる足湯も、白癬菌に感染しやすい場所の1つです。
白癬菌はお湯の中で繁殖する事はありません。
ですが、その周囲で繁殖している事が考えられます。
足湯も不特定多数の人が、裸足で利用する施設ですので水虫になりやすい場所と言えるでしょう。
温泉やサウナ、足湯といった水虫が移りやすい場所に出かけた際は、足の裏や指の間を丁寧に洗う事が白癬菌感染予防に繋がります。
白癬菌は皮膚に付着しただけでは、感染しません。
皮膚についた後、角質層という部分に感染が広がると水虫となるのです。
通常、皮膚に付着した白癬菌は約24時間程度で角質層に感染します。
1日1回、必ず足の裏や指の間を丁寧に洗えば、水虫になる確率をグンと抑えられるのです。
足の裏や指の間が濡れてしまった場合、しっかり乾くまで水分を拭き取るという事も大切です。
水分が残ったままだと湿度が高く、白癬菌が活動しやすい環境となってしまいます。
丁寧に洗う、水分を拭き取るといった基本的なケアが、水虫予防には有効です。

水虫は感染力が強いため予防が大事

水虫は、足の皮膚に白癬菌が感染すると発症します。
水虫は感染力が強く、患部から剥がれ落ちた表皮や垢の中でも生きており、別の人の足に付着すると発症する恐れがあります。
また、水虫を触った手で、手を洗わずに陰部を掻くなどすれば陰金に、頭を掻けばシラクモに、他の部位を掻けばタムシをそれぞれ発症する恐れがあります。
もちろん、陰金がある状態で性行為をすれば相手に陰金を感染させてしまいます。
特に、水気のある状態だと、感染しやすくなります。
白癬菌はカビ(真菌)で、乾燥に弱く湿気を好みます。
足先や陰部は、靴やズボンとパンツなどが密着し、他の部位よりも蒸れやすいため白癬菌の感染が生じやすいのです。
このように大変感染力の強い白癬菌ですが、白癬菌が皮膚に付着したからと言って、すぐに水虫やタムシを発症するわけではありません。
白癬菌が定着するには、24時間程度必要だとされています。
そのため、毎日、お風呂に入り体中を清潔に保つことで発症をある程度防ぐことができます。
また、家族や同居している人が水虫である場合、足ふきやタオルは別のものを用い、速やかにラミシールなどの抗真菌薬を使用し治療することで、家庭内での蔓延を予防することができます。
水虫は、発症すると治療には時間がかかります。
そのため、日頃の生活の中で水虫にならないように予防することが大事です。
そのためには毎日お風呂に入って綺麗に体を洗い清潔にすることが大事です。
とくに指と指の間などは綺麗にしましょう。
ただし、傷をつけると感染しやすくなるので、傷つけないようにやさしく洗いましょう。
そして、自分が水虫に感染してしまったらすぐに治療を開始することで家族に白癬菌を移してしまわないようにしましょう。

水虫と言っても種類がいくつかあります

水虫と聞くと、足にできるイメージを持っている人が多いかもしれません。
指の間が痒くなり、なかなか治らないものを連想するでしょう。
足にできる水虫が知られていますが、実は他の部分にもできることがあります。
一般的なイメージである足の指等にできる水虫や、髪の毛に寄生するのも、手にできるものもあるでしょう。
多くの人が思い浮かべる足にできる水虫以外にも、様々なものがあります。
そのため、個人の判断で薬を使っても、なかなか治らないことも珍しくありません。
病院に行かずに、自分で対処しようとする人は多いです。
個人で対応するのもいいですが、素人判断で行動すると、症状が治まらないことが少なくないでしょう。
強烈な痒みを伴うことが少なくないため、水虫のような症状が出たら、早めに病院に行くようにしてください。
自分で治そうとすると、他の人にうつることもあるかもしれません。
水虫という名前は知っていても、複数の種類があることまでは知らない人が珍しくないです。
正しく対処しないと、症状が長引くことが少なくありません。
快適な生活を取り戻すためにも、今までとの違いを感じたら、早めに病院で診察してもらいましょう。
症状が悪化する前に治療を始めた方が、短期間で完治することが多いです。
足や他の部分に痒みが出たら、水虫の可能性を考えて行動しましょう。
また、他の人に影響を与えないように、マットやタオル等は清潔にするといいかもしれません。
多くの人が悩んでいる水虫は、少しの工夫である程度防ぐことができます。
日頃から身体を清潔にするように心がけ、身の回りのものにも気をつけてください。
そうすることで、自分も家族も強烈な痒みに悩まされることが減るかもしれません。

上へ戻る