水虫の感染とその対策まとめ

水虫って案外簡単に感染してしまうことが多いのを知っていましたか?公共のプールや温泉など、水虫の原因である白癬菌が好む場所はたくさんあります。しかし対応策はしっかりあるので、こちらで水虫の特徴と対策を勉強しましょう!

水虫はブログを参考にしてお風呂で対処

日本人の5人に1人の割合で悩んでいると言われるほど患者数が多い水虫は、れっきとした皮膚感染病です。
感染者数が多いからこそ、情報を掲載したブログのアクセス数が多いという特徴もあります。
最も大きな感染源とされているのは白癬菌と呼ばれるカビですが、一種類のみならず数十種類にもなることが判明しています。
水虫と間違えてしまいやすい皮膚病も存在しているため、症状や種類について把握することが求められます。
とても種類が多いことがわかっている白癬菌ですが、人や動物に感染してしまうだけでも40種類を超えると言われています。
日本においては40種類の中の10種類が存在しているとされています。
中には動物から人間に対して感染してしまうタイプもあるため、猫や犬といったペットを飼っている家庭は特に注意が必要です。
高い頻度でペットをお風呂で洗ってあげるといった対策を行ってあげてください。
皮膚科を受診する患者の中でカビが原因になっている方はおよそ12%程度存在しています。
その中で9割もの人々が白癬菌を有しているという結果があり、最も多く見受けられるのが足の水虫です。
長期間悩まされ続けているという方は珍しくなく、一向に治る気配が無いという気落ちしてしまう方も多いです。
また、季節も大きく関係しており春から夏にかけて患者数が増加傾向になり、冬が訪れると減少するというのが一般的です。
そして、誰もが意外に感じることとして挙げられるのが水虫は決して足だけに見受けられることではないということです。
足とは遠く離れた場所にある頭にも生じることがあるのです。
頭の場合は毛髪に細菌が寄生することで発症してしまい、脱毛してしまうこともあります。

上へ戻る